使用していない土地などの不動産を活用しまSHOW

hair is a part of your beauty

土地を活用するなら

安易なアパート建設はいけません

地主の土地活用として代表的なものには、アパート・賃貸マンション・駐車場・店舗などを挙げることができます。 その土地に何を建築することができれば最有効使用の状態となるのかは、決して人任せにしてはなりません。地主自らが、マーケット調査を行うべきなのです。全額自己資金でない限りは、何を建築するにしても最終的には地主自らが借入金を返済しなければならないことを常に覚えておかなければなりません。 土地活用の代表的なものに、アパート建築があります。しかし、アパートの建築会社がセールスをしてアパート建築が行われているケースが大半であり、地主は言われるがままということが多いのです。これでは、決してアパート経営を成功させることなどできるはずがありません。

アパート立地であっても、資金計画には余裕を持たせてください

将来にわたって安定的に賃貸需要が見込まれるのか、また将来の金利動向はどうなっていくのか、競合物件の賃料水準はどの程度のものなのか、将来の賃料の下落は借入金の返済に耐えうるものなのか等、アパート経営にあたっては調査すべき項目がたくさんあるわけです。土地活用の案として、ここまで工務店側が事前に調べてくれることはまずないのです。 また、仮に自分でマーケット調査を行いアパート建築が最良だと判断した場合でも、今は建築費用が高止まりしているため、割高な金額でアパート建築をすることを余儀なくされる可能性もあるのです。土地活用にはタイミングも大切であり、何をやるにしても今がベストなタイミングなのか常に熟考しなければならないのです。