使用していない土地などの不動産を活用しまSHOW

hair is a part of your beauty

節政対策

相続税の増税が実施された

今年から相続税の増税が実施される。従来は相続税を支払わなくても良かった層の中にも相続税を支払う必要が生じる層が出てくる。土地活用で駐車場経営を行うことで節税に繋げる人が増えている。相続税の増税を受けて各地で土地活用による節政対策のセミナーが開かれており、長期的な利用目的がない場合には当面の措置として駐車場の経営が勧められている。土地活用の駐車場経営は駐車場専門業者が土地を利用して駐車場設備をすべて設置するので土地所有者は設備投資を行うことがないので便利である。契約に際しては将来的な利用を考慮して一定期間が経過をしたら原状復旧のうえ返済してもらえる定期借地契約を締結することが出来れば一番良い方式である。

恒久的な措置も考えておく必要がある

相続税対策としての遊休土地の土地活用としての駐車場利用はあくまでも暫定措置と考えて、長期的な観点での節税対策を別に考えておく必要がある。建物を建てたうえで事業を行い、そのための資金を借り入れで調達しておけば相続税の節税としては大きな効果がある。しかしながら事業を行うことはリスクが伴うことなので駐車場のようにすぐに決めることはできない。良し慎重に事業計画を立てたうえで専門家のアドバイスを受けて実際の計画を実施することが重要である。事業継承で節税をするためには当該土地活用を行う会社を立ち上げることも有力な方法になる。非上場株式の評価が今回の相続税の増税の過程で見直しをされたので充分対応を検討しておく必要がある。